ブログ
BLOG

HOME > ブログ > ジュエリーの買取について

ブログ

ジュエリーの買取について

しまいっぱなしで使っていないジュエリー。使う予定はないけれど、とりあえず持っておこうという方も多いのでは?思い出の品で絶対手放したくないわけではない場合は、売却することも一つの手段。売却したお金で新たなジュエリーを購入するもよし、旅行やお食事するのもよし、有効な活用方法と言えます。こちらでは、ジュエリーの買取についての情報や、高く売れやすい種類や素材、さらに高く売るためのコツなどについてもご紹介してまいります。



  • ・ジュエリーは売れるのか?

  • ・高く売れる素材とは?

  • ・どこで売ればよいか?

  • ・高く売るためのコツ


 

順を追ってご説明します。

・ジュエリーは売れるのか?



まず気になるのはお持ちのジュエリーが売れるかどうか。ポイントはブランド品かどうか、ノンブランドの場合は素材が何か、です。

・ブランド品の場合

中古市場の需要があるブランド品は、素材にかかわらず売れる可能性が高いといえます。ただ中古市場の動向によって買取価格が変わってきます。また品物の状態(傷や汚れ)によっても価格が変わります。そして購入時の保証書や箱の有り無しも査定価格に影響します。

 

・素材(貴金属・宝石)はなにが使われているか

ノンブランドジュエリーの場合は、ジュエリーとしてではなく、使われている素材そのものが査定対象になります。たとえば、金が使われている場合はその価値が、宝石が使われている場合はその種類や品質が、買取査定額を左右するポイントとなるのです。また、一概にはいえませんが、カラー宝石は値段が付きにくい傾向にあります。カラー宝石とは、ルビーやエメラルド、パール(真珠)などのこと。カラー宝石の鑑定は非常に難しいため、きちんと見られる買取業者であればかなりの高値が付くケースもある一方、詳しくない買取業者が見た場合には、低い価値で査定されてしまうこともあります。

 

・壊れていても大丈夫

購入からかなり年月が経っている古いジュエリーや、壊れてしまったジュエリーでも、買取対象になることがあります。素材に宝石が使われているジュエリーの場合、経年劣化しにくいことから、買い取ってもらえる可能性が特に高いといえるでしょう。

 

・高く売れる素材とは?



やはり金やプラチナといった貴金属は高く売れる可能性が高いです。さらにその純度が高ければ高いほど高額になります。金の場合24分率で、例えば18金でしたら18÷24でそのジュエリーの約75%が金が使用されていることになります。(刻印はK18などで表されます) 10金の場合、10÷24で約41%が金の純度。つまり同じ重量の場合、10金よりも18金のほうが高くなります。ちなみにプラチナは1000分率で表されます。(90%プラチナの場合刻印はPt900) まずは刻印をご確認することをお勧めします。

そして宝石がついている場合、最も評価されやすのがダイヤモンド。品質や大きさによって価格が変わってきますので、鑑定書や鑑別書があれば客観的な査定ができるので、査定の際は一緒に提示するようにしましょう。一方で、その他のルビーやサファイヤといった宝石は値段がつきにくい傾向にあります。

・どこで売ればよいか?



古物商認可の買取店・質屋に持ち込みます。(売却する際は免許証や健康保険証など身分を証明するものが必要)

ただしそれぞれの店舗に特徴がありますので、持ち込むものによって店舗を使い分けることをお勧めします。

ブランド品の場合は、中古ブランド品を専門に扱っていて、自社で中古品の販売を行っている店舗がよいです。これらの店舗は自社で直接ユーザーに転売するため、高く買い取れるからです。

一方でノンブランドの場合は、買取専門店のほうが有利。ただ金やプラチナの買取価格は店舗の手数料によって変わってきますのでご注意を。また、ダイヤモンドなど石付きの場合、それらをしっかり査定できるかどうかもポイントになってきます。

 

・高く売るためのコツ



・鑑定書・鑑別書・保証書・箱など、付属物を添える

購入時の「保証書」「品質証明書」、「箱」などがあれば、必ず一緒に査定してもらうようにしましょう。このようなものがあるかどうかで、買取価格が大きく変わることも少なくありません。

 

・相場を確認する

金やプラチナが使われているものの場合はそれぞれの相場によって決まります。金やプラチナの相場が高騰しているときを狙うようにするのがおすすめです!

 

・買取の内訳をきちんと説明してくれる業者を選ぶ

信頼できる買取業者であれば、ざっくりと説明するのではなく、どんな理由でその価格が付くのかを丁寧に教えてくれます。とくにダイヤモンドやカラーストーンは業者によって評価がまちまち。中には小さなダイヤモンドを全く評価しない業者もありますので、買取価格の内訳を確認することが重要です。

 

・複数の業者に査定を依頼する

ジュエリーの買取価格は、買取業者によってかなり差がある場合も珍しくありません。特にカラーストーンなどの場合は、見極めるのが難しいため、買取価格が大きく変わることも多くあります。このようなことを防ぐためには、事前に買取業者の評判などを調べてから、複数の買取業者に査定を依頼して比べてみることをおすすめします。

 

まとめ

  • ・長年全く使っていないジュエリーは売却することも一つの手段

  • ・ブランドや素材によって価格は変わってくる

  • ・買取店によって価格が違うこともある

目次

ジュエリーの買取についてーノウハウとコツをお教えしますー

しまいっぱなしで使っていないジュエリー。使う予定はないけれど、とりあえず持っておこうという方も多いのでは?思い出の品で絶対手放したくないわけではない場合は、売却することも一つの手段。売却したお金で新たなジュエリーを購入するもよし、旅行やお食事するのもよし、有効な活用方法と言えます。こちらでは、ジュエリーの買取についての情報や、高く売れやすい種類や素材、さらに高く売るためのコツなどについてもご紹介してまいります。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > ジュエリーの買取について

© 2020 宝石小町